2007年01月20日

社会保険事務所

昨日のことなんですが都内の某社会保険事務所に年金の裁定請求の手続に行ってまいりました。

適用課には取得喪失の手続でしょっちゅうお邪魔してますが、年金の裁定請求は久しぶり、待たされるのを覚悟で多少時間に余裕を持って出かけてきた。

予定通り受付の紙を引いたら15番目、1時間待ちかな?って思いつつ時間潰しの本を読むこと40分、呼ばれました「119番のカードをお持ちのお客様、4番の窓口へお願いします。」

はいはい、とばかりに行きますと係りの方が立ち上がって「お待たせいたしました」・・・変わりましたね、受付の態度!

現場はかなり危機感を感じているような気がいたします。

とは言え、本日の日経新聞には「年金処理ミスで1500万円未払い」なんて記事も出ています。

複雑になりすぎちゃった年金制度、それに対応が出来ていない社会保険庁、やっぱり抜本的な見直しが必要なのかな?
posted by たけうち at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

おめでとうございます。

新年既に5日目です。

ここは遅いスタートとなりました。

今年もよろしくお願いします。

昨日今日と行政に挨拶回りに行ってましたけど、世の中は今日から始まるところが多いのかな?電車の混み具合などを見るとそんな感じがいたします。

役所も昔と違い、4日からお仕事モードでして、新年って感じがしません。

昔が良いとは言いませんけど、世の中の流れでしょうか?

そういう私も昨日からお仕事です。

今年は、より一層の飛躍の年としたく思います。

皆様のご指導、ご鞭撻、よろしくお願いいたします。
posted by たけうち at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事です、ハイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

仕事納め

久々の投稿ですけど、本年はこれまでかな。

仕事納めとしますので一言。

今年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?

私にとりましては多少は結果の出せた年、こんな感じかな。

色々な方に出会え、そこからさらに色々なつながりが出来た年でした。

来年は更なる広がりを期待しちゃいます。

そんなこんなでここの更新ものんびりペース、もう少し頻繁に更新しましょう。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

晴れ
posted by たけうち at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事です、ハイ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ホワイトカラーエグゼンプション

これも昨日の日経新聞の経済面の記事です。

厚生労働省は一定の条件を満たすホワイトカラーの会社員を労働時間規制から外す新制度について、対象者の年収の下限を八百万〜九百万年程度とする方向で最終調整に入る。経済界は年収四百万年以上への導入を主張していたが、対象者を絞り込んで働きすぎや件区お管理に対する監視を徹底する。一方、解雇紛争の金銭解決制度は労使合意のメドが立たず、導入の見送りを決めた。

って書いてあります。

年収四百万年議論が出たときは労働政策審議会の労働者側メンバーが机に座ろうとしなくなるまで険悪な状況となり、しばらく中断していました。適度な数字かな?って言うのが正直な感想です。

この辺については常に情報を仕入れておかないといけない部分です、これからの就業規則、賃金規程等の内容についてはこの審議会の進捗から目が話せないこととなっていくでしょう。

最後の一文、解雇紛争の金銭解決制度は見送りだそうで、解雇問題もこれからも慎重に進めないといけません。

安易な解雇を考えている事業主の皆様にとっては要注意です。

いずれにしましても「?」がありましたら、ご一報下さい、正しい方向を導いてまいります。
posted by たけうち at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国保保険料

昨日の日経新聞の一面掲載です。

上限年3万円上げ

厚生労働省は十五日、自営業者らが加入する国民健康保険(国保)の年間保険料の上限額を二〇〇七年四月から三万年引き上げ、五十六万年とすることを決めた。

月に直すと約4万6千円、介護保険料も入れると月に5万以上かかります。それに国民年金が月に13,860円、1月に7万円以上の負担、結構でかいですね。

新聞では保険料の上限を上げる事で中所得者層の保険料を引き下げることを狙いとしているそうです。

上位5%の高所得者の方が該当するそうですが、高所得者の方はこれを機会に何か考えないといけないか、あるいは高所得者だから当たり前って思っているのかな?

自営業者でも、会社を作ってそこから給与をもらうようになると、社会保険の加入って事でして健康保険と厚生年金は労使折半の負担になります。

この仕組みをうまく使うと保険料の節約も可能になりますが、それはここでは書けません。気になった方はご連絡くださいね。先日もそんな案件で目先の何十万円かを節約できた社長様のお手伝いをすることが出来ました。

脱法行為ではなく、合法的にうまく節約していかないと、みんな「美しい国」に持っていかれそうな気がする今日この頃です。
posted by たけうち at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

社保庁改革

保険料徴収を民間委託

社会保険庁の改革案が見えてきました!

強制徴収の話だトップに出てくるなんて、社会保険庁は信用回復に必死な姿勢が見えるようです。

今後細かい話は出てくるでしょうけど、手続に支障の無い形で引き継いで欲しいものです。

事務方としてはそんなところが気になる記事でした。
posted by たけうち at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

景気認識 微妙なズレ

日銀・福井総裁と安倍首相が会談

非常に興味深く読ませていただいた記事です。

日銀(金融経済月報)と政府(月例経済報告)の判断の微妙な違いについて、比較表まで載せて掲載してくれてました。

私はどっちかって言うと政府の判断に同意しますね。

「個人消費は弱さが見られるものの、回復してきている。」なんて表現はそのものズバリだと思います。反面、日銀の「緩やかに拡大してきている」ってのはちょっといただけないな。

細かい話は紙面でご覧いただければと思いますが、この微妙なズレはどこから?ってのが気になりました。

日銀は銀行だけあって目線はメガバンクなの?そんな感じを受けると同時に、政府の見方、評価に値するけど、議員さんたちは何してるの?って別の部分が気になったりして・・・。

微妙なズレとは言え、国民にとっては大きな違いです。

大同小異と判断しないで消費者の目線で政治も行っていただく事を祈念いたします。
posted by たけうち at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

厚生年金のパート適用拡大

中小企業は当面除外

激変緩和措置の検討ですって!

当たり前じゃないの?旦那の薄給に耐え、パートで生活に多少でも余裕をと思い、頑張っている人たちの給料から、今後年金支給が厳しいからって少しでも原資として引っ張り出そうって事でしょ?

政府って一言で言われてる人たち・・・もっと世の中をよく見て下さい。

同じ紙面に

社保庁 年金額訂正3万3900件
なんて見出しがあるかと思えば、少しページをめくると

流通「パート不足」9割超
なんてのもある、働きたいのに厚生年金の足かせをはめたらもっと働かないでしょ?

世の中の流れを総括して話を進めていただきたいと思います。
posted by たけうち at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

年金、36万人が再調査請求

「社会保険庁が2004年3月から始めた58歳時点での年金記録の通知制度で、再調査を請求した人が9月末までに36万6千人に上ることが明らかになった。」

ここまではっきり書かれちゃうと、今までたまたま記録に間違えが見つかったのを、某週刊誌がヤジウマワイド的に書いていたのが正しく思えてきちゃいました。

「本人の届出ミスが原因の例もあるが、社保庁による名前の入力間違いや勤務先の手続きミスなどが原因とみられる例も多い。」

だから、我々をうまく使ってくださいって事でしょうな。

田中さんや鈴木さん、一般に多いって言われている名前の方は注意が必要。
女性の方は旧姓・・・最近じゃ男性の方もかな?

誕生日の間違えも結構ありますから気をつけましょう。

国民年金だけの方も記録が区役所から移されていないケースもありますよ、確認してみてくださいね。

国がやってる・・・事が信用できないんだから、自分の事は自分で守るしかないのかな?これって恐ろしい世の中です。

我々がもらえる時代にはもっと先細りになっているかもしれない貴重な年金です。

自分の職歴はきちんと把握しておかないといけませんね。
posted by たけうち at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

リストラ解雇条件明示

先日もそうだけど、労働契約法についての話が煮詰まってるのかな?

今朝の日経新聞にも「リストラ解雇 条件明示」って昔から訴訟になる時のポイントですよね?

お国はそこまでちゃんとしようとしてるのね、いい傾向です。

我が業界で言う解雇4要件ってやつですよね。

・・・私的にいえば、ちゃんとしたことをちゃんとしてくださいって気がします。

以上、よろしくお願いいたします。

です!
posted by たけうち at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。