2007年10月20日

退職者の企業年金

NTTグループ67社が、退職者の企業年金減額を厚生労働省が承認しなかったのは違法として、国に処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁はNTT側の請求を棄却したそうです。

確かにNTTさん利益出してますからねえ、とは言え、これから増え続ける退職者に対して支給する企業年金は雪だるま式に膨れあがっていくことでしょう。NTT側は控訴するようなこと書いてありますが、これからの展開、とっても気になります。

企業と受給者の論理のバランスをとることが求められている。
新聞記事はうまくまとめてありますけど、もらってる方にしてみたらやっぱり一言いいたいだろうし、払ってる方としてもこの先の財政緊迫感は間違えの無いところだろうし、今後も司法が同判断していくか予断の許さない案件でございます。

で、私のスタンス・・・今のクライアントさんには企業年金なんて導入してるところはございません。

って事で、対岸の火事的感覚はありますが、退職金コンサルタントという立場からはきちんと行方を見て行きたいと思っています。

晴れ
ラベル:NTT 企業年金
posted by たけうち at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

規制が嫌なら税制優遇を返上すればぁ?
Excerpt: 退職者の企業年金 NTTの減額認めず (NIKKEI-NET) 「経営悪化なし」東京地裁判決 NTTグループ67社が、退職者の企業年金減額を厚生労働省が承認しなかったのは違法として、国に処分取り消しを..
Weblog: The企業年金BLOG
Tracked: 2007-10-24 20:33