2006年09月15日

雇用保険料率来年度0.25ポイント下げ

「失業保険の原資になる雇用保険の料率が2007年度に0.25ポイント引き下げられることが確実になった。」そうです。

「厚生労働省が14日まとめた雇用保険の05年度決算で、雇用保険情勢の改善を背景に保険収支が大幅に好転したためだ。」そうです。

私には好転は感じられません。皆さんどう思いますか?この辺に着いては草の根の言葉は出てきてくれません。

「企業と家計が払う保険料は合計で年間3500億円以上減る。景気回復が社会保険料負担の軽減に結びつく。」とは言え厚生年金や国民年金は年々上がっていっています。その辺をトータルには解説していません。「木を見て森を見ず」って気がしますけど?

重箱の隅的な突っ込みは止めましょう。私の立場からいうと来年の概算保険料の計算、来年度以降の人件費予算策定や給与天引、こんなことを気をつけることは当たり前ですが、正しい実態を感じて、そして伝えていくことも大事かもしれませんね。
posted by たけうち at 09:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

雇用保険 料率
Excerpt: 雇用保険 料率について♪
Weblog: 雇用保険 料率
Tracked: 2006-10-03 23:34