2007年05月29日

松岡農相が自殺

労働保険年度更新で盛り上がってからしばらく空けちゃいました。

こんな話を書くなら、私的には坂井泉水さんが亡くなった事をネタにしたいのですが、それは別途書かせていただきます。

と言う事で、戦後初現職大臣の自殺です。

ニュースでは与党野党入り乱れて「お悔やみ」の発言が放映されていたし、新聞見ても凄いので私見を書かせていただきます。

先ずご本人に。
「謹んでお悔やみ申し上げます」
でもね、自殺までする事は無いでしょ?
死ねる勇気があるなら、国民の前で真実を話していただきたかった。

ニュースではいろんな方が「残念です」っておっしゃってますけど、私は違う意味で「残念」だと思っています。

そして、安倍ちゃん
「任命責任に言及し・・・」って書かれてますけど、深い部分は夏に控える選挙を目前にしての発言かな?正直勘ぐります。

年金問題で大騒ぎになったところに、慌てた発言をしてるので、これは今後現場を混乱させる要因になることは間違いないだろうし、ここへ来てのこの事件、トップとしての技量を拝見させていただきます。

最後に与野党含めた先生方。
これで「なんとか還元水」はじめ数々の疑惑の追及を闇に葬らないでください。
二度とこのような事の無いようにするのがあなた方の国民に対する義務だと思います。

きちんと調べて公表し、今後は二度と起こらないような「美しい国」にすることが国会議員さんのお仕事だと思います。

いずれにしても・・・合掌。

晴れ
posted by たけうち at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

会社のお考え・・・かな?

いきなり業界用語で恐縮なんですけど「エラー30」ってのがあります。

これだけで分かるのは同業者か、ハローワークの関係者かな、それに人事の担当者くらいでしょうか?

雇用保険の資格取得手続って言うのが結構融通の効かないシステムになってまして、ある会社に入社して資格取得の手続をする、その会社を辞めるときに、失業給付を受ける資格があって受けるつもりなら本人がうるさく言うけど、次の仕事が決まってる場合は本人何も言わずに次の職場に行きますよね。

そういうときに元の会社が資格喪失の手続を忘れていた場合・・・次に行った会社で資格取得の手続をしにハローワークに行くと資格取得届に「前職喪失未処理」って判子押されて返って来ます。

これが「エラー30」30ってのはコード番号みたいですね。

まあ、時々あるわけで、2週間も放っておいて何かのついでに持っていくとたいていは無事終了って事になりますけど、今回は長かった。

去年の11月24日に入社してくれたのですけど、前職の資格喪失手続の滞りで手続終わったのは昨日です。

前の会社は手続を約半年間放っておいたわけです。

先輩の先生に聞くと「俺は1年6ヶ月放っておかれた」なんて例があるそうですから、まだまだ若輩者かもしれませんけどそれにしても凄いですよね。

例えばね、今回は在職していただけたから良いんですけど、これが又新たな職場を求めて転職!なんて事になったらもっと大変なことになってました。

会社としては「たかが辞めた社員の手続、遅れたってかまうものか」ってお考えでしょうけど、本人にしてみれば結構な問題だと思います。

こういうのも人に対する会社のお考えなんでしょうね。

少なくとも私の関与する会社さんではこういうことのないようにしっかりとお手伝いさせていただきたいと思います。

これも一つの経験、次につなげていきましょう。

晴れ
ラベル:業界用語
posted by たけうち at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。